事件!マノロ ブラニクが3桁で買えた件

ある日、事件は起きました


マノロ ブラニクが

500円の30%OFF

😱💙

靴のロールス ロイスとも言われる
多くの女性たちが憧れるシューズブランド

知らない方はググってね


事故現場は
私が行きつけの
名古屋市内のセカンドストリート

もと持ち主が、靴底にラバーソールを施していなかったため
靴底が大分きている様に見えます

愛用されたのでしょう、小さな汚れや傷が所々に見られます


この値付けから推測すると
セカンドストリートの若いスタッフさんは恐らく
劣化が激しい、トレンド感のないサンダルとして判断したのでしょう

致命的だったのはマノロ ブラニクを知らなかったこと…

セカンドストリートなどのセカンドハンド大型チェーンは、値付けのマニュアルがしっかりしていて店舗によって価格差が出ないように管理されています
でも人間がやること、たま〜にミスることがあります
そこをすかさず私のようなディガーに見つけられてしまうと破格値で買われてしまうのです😘やったね〜

(ディガーとは: 元々はヒップホップ用語で、レコード店をまわり古いレコード漁りをする人のこと。日本では音源を探す事を「ディグる」と表現することも。
これを服飾漁りに置き換えて、主に古着をディグる人をディガーと呼びます。)

これぞディグの醍醐味✨
こういう事件がたまりません!


そうマノロブラニクが世界中で有名になったのは
映画『セックス・アンド・ザ・シティ』
なつかしい〜
主人公キャリーがこよなく愛したのが、マノロ・ブラニクの靴でしたね〜👠



もともとは8万くらいのお品ではないでしょうか
作りがもちろん素晴らしいので、リペアすれば生まれ変わります

ディガーとしては劣化具合を判断し、リペアで修復可能か、リペア費用を掛けてでも買いかどうかを見極めます👀ここが腕の見せどころ✨!

こういった能力は、古着屋で勤めていた頃のアメリカ買付で身に付きました
変な言い方ですが、ゴミをお宝にすることができる!!


ね✨
生まれ変わったでしょ😆

ソールとヒールはプロにお任せして3千円くらいでした
あとは自分で、レザークリーナーで汚れを取ってクリームで保湿をしました

うふふ💚
ディガー魂🔥炸裂です


そうそう
私たち夫婦は、夫もディガーなのですが
夫がディガーのためのTシャツを作ってくれました
背中のメッセージが最高なんです✨

ほしい方は言ってね
買えます
カラーバリエーション豊富です

お洒落への Express Way

あなたの魅力が自然に伝わるスタイルを提案|パーソナルスタイリスト服部明未

0コメント

  • 1000 / 1000